練習会場の移転に関する討議経緯<2005年秋>

高崎第九合唱団ロゴ

高崎の第九のホームページ
ニュース・トピックス
団員募集
練習会場
コンサートへ行こう
合唱団について
リンクと外部情報
高崎第九合唱団のあゆみ
指導者のあゆみ
イベントスケジュール
第九演奏会のあゆみ
メドレーのあゆみ
メイコンサートのあゆみ
海外公演の記録
チケットセンター
ベートーヴェンについて
ベートーヴェンの第九とは
たいむずのページ
携帯サイト

私たちの練習会場『カトリック高崎教会(旧講堂)』

高崎第九合唱団の練習会場の引越し【第1回】
2005.9.15たいむず652号

 高崎第九合唱団の練習会場として約20年お世話になってきたカトリック高崎教会。夏の暑さ、害虫、照明、駐車場などの諸問題などを抱えながらもここまで利用してきましたが、昨今建て替え計画も浮上しているそうです。運営委員会では、数年間練習会場の引越しを検討してきました。
 (引越し先:冷暖房・駐車場完備、駅前、鉄骨3階建て・エレベーター完備、150名以上収容)

高崎第九合唱団の練習会場の引越し【第2回】
2005.10.13たいむず656号

 高崎第九合唱団の練習会場は創立以来、高崎駅前の南小学校、音楽センター会議室、公民館などを転々としてきました。決まった場所で練習したいというみんなの願いから、現在のカトリック高崎教会の旧講堂を借りることになりました。大きな団体が教会を定期的に借りるには、司祭や信者の方々のご理解と特別な計らいがありました。会場費も当時から同じ条件です。
 しかし、夏の暑さは厳しいですよね。年々自動車利用率も高まり、駐車スペースは限界に達しており、接触事故も毎年起きています。国立病院が近いため救急車のサイレンや、まもなく本格的に始まる国道・高松立体の工事も影響することでしょう。
 運営委員会では、ずいぶん前から練習会場の移転先を模索していました。公共機関や公的な会場は1回ごとの完全予約制で、将来にわたり借りられる確証が全くありません。学校は駐車スペースが少なく、校庭へ毎週数十台の駐車はとても理解が得られません。民間の会場は営利目的で貸しているので、高額(100名収容・1時間1〜2万円)です。駐車場確保や交通機関からの利便性、永続的な予約、これらの条件を満たす会場はなかなか見当たらなかったのです。
 (引越し先:冷暖房・駐車場完備、駅前、鉄骨3階建て・エレベーター完備、150名以上収容)

高崎第九合唱団の練習会場の引越し【第3回】
2005.10.27たいむず659号

 新しい練習会場は、『高崎トラック会館』。JR高崎問屋町駅から徒歩1分。3階建てのコンクリート造り。3階会議室(定員180名)が新しい練習会場です。冷暖房・エレベーターも完備。広くてきれいな駐車場もあります。問屋町ということで夕方以降は閑散として、周辺の混雑もありません。
 会館側も積極的に受け入れ態勢を検討しています。たとえば@練習用ピアノと事務用ロッカーの受け入れ、A大会議室内にパート練習用の間仕切りを設置する改装工事、B会場使用料を規定料金のおよそ半額に大幅割引。来年度からは、夏涼しく、清潔、明るい室内で練習できます。広い駐車場と電車の本数の多い駅前、「ぐるりん」も利用できます。
 このたびの高崎トラック会館は、物流王国「群馬」のトラック事業者たちの組織するトラック協会が、関東甲信越の物流拠点「高崎」に、加盟事業所の担当・運転手の講習会・研修を目的として建てた立派な建物です。しかしトラック協会以外の利用はほとんどなく、夕方以降は誰もいません。そこで副団長の小野里博さん、監事の柴山雄二郎さんの両名が別々のルートからこの施設に辿り着き、協会側は「高崎第九で借りてくれるならありがたいし、会場の宣伝にもなる」と積極的に話が進んでいます。しかし、越えなければならない課題も残されているのです。

高崎第九合唱団の練習会場の引越し【第4回】
2005.11.3たいむず660号

 冷暖房完備で夏も涼しく、清潔、明るい室内、高崎第九仕様に改装された室内、広い駐車場、電車も多い高崎問屋町駅から徒歩1分、「ぐるりん」も通るとなると、気になる会場使用料。
 規定料金の約半額に大幅割引されても、現在の安すぎる会場使用料と比べると、正直なところ高額です。年間一人あたりで試算すると3千円の負担増となります。一人一回あたり約290円のレッスン料が、約350円になります。月謝制のコーラスや一般的な習い事よりかなり安いですが、負担増というのはあまりいいものではありません。
 しかし、これだけの好条件の物件はなかなかありません。今後、教会の練習会場が使用を中止したり、解体したりする間際になって、同条件以上の物件を探そうとしても、この数年の経験から不可能と思われます。新年度から、8年間据え置いてきた団費を、値上げすることになりますが、快適性・利便性・将来性を考慮の上、みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

高崎第九合唱団の練習会場の引越し【第5回】
2005.11.17練習会場にてお話

 会場の移転及び団費の値上げまでお話しましたが、トラック会館側と使用料の最終的な折り合いがなかなか付かず、トラック会館側も2ヶ月理事会で話し合われました。多くの方のご尽力で話し合われてきたことですが、どうしても合唱団側の考えている数字と一致させることはできませんでした。
 合唱団としては市民コーラスと言う立場であり、一般の市民が趣味・生涯学習の一環として集まっている限り、大幅な団費の値上げは趣旨に反すると判断し、今回の移転計画を見送ることとしました。今回の措置は、合唱団側の運営委員会でも時間をとって話し合い、出席委員全員一致の決定です。
 トラック会館側で好意的に受入態勢を整えてくださった役員の方々、合唱団側で積極的に何度も通い、交渉してくださった役員の方々、そして移転に不安と期待を持った団員皆様にご迷惑をおかけしてしまいました。従って、新年度も会場変更はなく、団費の値上げもありません。


たいむずに掲載はされていませんが、このほかにも具体的に進んだ練習会場移転交渉もありました。