疑問、教えて?入団前に感じる疑問にお答えします。

高崎第九合唱団ロゴ

高崎の第九のホームページ
ニュース・トピックス
団員募集
練習会場
コンサートへ行こう
合唱団について
リンクと外部情報
高崎第九合唱団のあゆみ
指導者のあゆみ
イベントスケジュール
第九演奏会のあゆみ
メドレーのあゆみ
メイコンサートのあゆみ
海外公演の記録
チケットセンター
ベートーヴェンについて
ベートーヴェンの第九とは
たいむずのページ
携帯サイト

1 チケットノルマはありますか。

チケットノルマはありません。※2枚程度の販売はお願いしていますが、平均8〜12枚程度(2015年度は8枚)の販売を希望しています。
ただ、日本全国どこの合唱団(合唱団でなくても)でも、主催する演奏会は自らもチケットを販売します。そういう意味では、「合唱団全体としてのノルマ」が課せられています。
第九演奏会の場合、団員に7〜10枚の一般券をお預けしています。
県内プレイガイド、会場の群馬音楽センター、演奏する群馬交響楽団、私たち高崎第九合唱団の事務局、そして一人一人の団員がチケットを販売いたします。
これはノルマではありません。
プレイガイド・群馬音楽センター・群馬交響楽団・団員も、販売できたものは代金を団へ納めますが、残ったチケットはすべてお返しいただいています。
チケット販売については、団の外も中も平等な扱いになっています。
ただし、団の外の方には販売手数料をお支払していますが、団員には販売枚数に応じたプレミアチケットをお渡ししています。
メイコンサートの場合、コンサートの内容が普段お世話になっている方へのプレミアコンサート的になっていますので、団員中心の販売になっています。
出演経費・昼食代・チケット代込みで費用を徴収しています。
この場合のチケット代は、諸経費込みですので、団員の負担にならない金額になっています。

2 体が不自由でも歌えますか

基本的な生活がご自分でできる方で、歌いたい意志があれば歌えます。
これまでに、目の不自由な方、車いすの方でも立派に舞台で歌われています。
お体の都合で長時間舞台にいられない方にも特別な扱いを考えて対応しております。
練習会場はまったく段差のない場所を選んで行っております。
助けが必要な場合、たくさんの仲間が、体を、そして心を支えますのでご安心ください。

3 「第九」を覚えて歌いたいのですが。

「第九」の練習は、6月から12月まで行っています。
1月から5月までは、5月に行うメイコンサートに向けて様々な曲にチャレンジしています。
まず「第九」を歌いたい方は、6月最初の木曜日にご参加ください。
気後れや6月最初の木曜日への参加に不安がある方は、4月・5月に見学者として参加されることをお勧めします。
歌の好きな仲間に加わりたい方は、いつでもすぐにどうぞ。
1月から5月のメイコンサート向けの練習の際に見学すると、第九を歌っていなくて面食らうこともあります。
私たちはあらゆる曲に触れることによって、歌声の幅、音楽知識の幅、音楽表現の幅を広げる練習をしているのです。
新入団員が、演奏会経験者の歌う「第九」を聞くと、かなり気おくれしてしまうことがあります。ご心配は無用。誰でも最初は初心者。練習を続ければ必ず歌えるようになります。来年には、あなたが演奏会経験者として「第九」を披露できます。

4 「第九」は他で歌ったことがあれば歌えますか。

ベートーヴェンの第九は、楽譜だけでも10種類以上あります。
その編曲パターンだけでなく、指揮者・演奏家の感性・経験・実力・その構成・編成によって、その演奏パターンは無数となります。
このことから、いきなり本番で歌えると言い切れる人は皆無です。
もちろん、本番前のゲネプロ(リハーサル)で、全てを把握するソリストという方々もいますが、それは考えられないほどの練習と実績を積んだプロフェッショナルであり、それでも演奏会ごとに反省と練習をしていると聞きます。
私たちの練習では、これまでの国内外でおこなってきた40回以上の第九演奏会のパターンだけでなく、指導者や経験を積んだ団員が見聞き(歌った)した数百の第九演奏会のパターンを練習に生かしています。
結論が最後になりますが、他で歌ったことがある人も初心者であっても、練習に参加し続けた人が「歌える」ようになります。

5 知っている人がいないと心細いのですが。

最初は、心細いものです。
でも扉を開けた時に目に入るすべての団員は、あなたと同じ「第九」が歌いたい、歌が好きな仲間で、自ら足を運んできている人たちです。
仲間に入れないわけがありません。
見学の時でも、どこから来ているんですか?どこを歌っているんですか?なんでも聞いてみてください。
千差万別な人たちが集まっていますが、みんな同じ曲のもとに偶然に集まった「仲間」ということに気が付きます。
ベートーヴェンの第九も「やわらかき翼のもとに集う友」を歌っているのです。なるほどと思いました。

6 まったくの初心者で気後れしてしまいます。

だれでも最初は初心者です。
初心者が何十年も歌い続けている人と、最初から同じように歌えたらみんなが「びっくり」です。
初心者であることは隠すことではなく、指導者の経験値も高まるので、ぜひ間違えてもいいので歌ってください。
間違えやすい、わかりにくいところがハッキリすることは、指導者にとっても合唱団にとっても糧となります。
そこが歌えるようになれば初心者のあなたも実力アップです。
大切なのは、「最初から歌える」ことではなく、「演奏会で歌える」ことで、その年の演奏会はその年の練習に参加した者しか歌えません。
何十年歌ってきた人でも、初心者でも、その年の練習に参加し続けた人が出演できます。
そして、初心者でも練習に参加し続けることによって、必ず歌えるようになることをお約束いたします。

7 続けられなくなりました。団費は返してもらえるのでしょうか。

続けられなくなることは残念です。
団費は、原則お返しすることはできません。
団費は、会場費・指導者報酬・その他団を維持していくための経費で、その負担金です。
団員は、授業料を払ってサービスの提供を受けるわけではなく、入団という手続きを経て構成員となります。
構成員として、その中で自ら学んでいくわけです。
自分に合う合わないという判断基準もあるでしょうから、入団する前に見学をお勧めしています。

8 歌を歌うといいことがありますか。

「第九」が歌えて損をした人の話は聞いたことがありません。
「第九」の楽譜は世界遺産です。
「第九」はEU(欧州連合)の国歌です。
世界の誰もが知っている楽聖ベートーヴェンの作った最高傑作です。
歌のみならず音楽は、世界のどこへ行ってもコミュニケーションがとれます。
普段の日常生活・仕事に追われ、自分を見失っている人。自分の時間が欲しい人。周囲の人間関係に疑問をお持ちの人。
ちょっとだけ、週に2時間だけここで自分の時間を手に入れませんか。
腹の底から思い切り歌ってみませんか。
歌を歌って汗をかいてみませんか。
マイクでカラオケもいいでしょう、でもマイクなしで群馬音楽センターの舞台で群馬交響楽団のフルオケ(フルオーケストラ)で世界最高傑作の歌を歌ってみませんか。
最近、あまりいいことがないと思っている方、1年に1度くらい夢の舞台に立ってもいいじゃないですか。
腹式呼吸は健康維持と基礎代謝向上につながります。肺活量や腹筋にも影響します。
歌う時の表情作りは顔の筋肉を使います。目を大きく開きます。聴覚を鍛えます。
大舞台で多くの方に見てもらうことは、全身のよい緊張を引き出します。
そして何より、ここには「多くの仲間」と「喜びの歌」があります。


わからない事がありましたら、お気軽に、あなたのお近くの「運営委員」にお尋ねください。郵便、FAX、電子メール等もご利用ください。
メール:takasaki9@myad.jp
〒370−0863 群馬県高崎市聖石町9−13 合唱団専用電話070−4455−2190 FAX027-330-5057 takasaki9@myad.jp

合唱団の定款